相続で揉めてしまっている方へ

相続で揉めてしまっている方へのメッセージ

相続ですでに揉めてしまっている場合、完全な修復は困難です。しかし、弁護士のアドバイスによって、亀裂をこれ以上拡大させないことは可能です。
親族間の相続トラブルは、大変な心身の消耗を伴います。弁護士が支えになることにより負担を軽減し、無用な対立を防ぎ、早期に解決することが可能になります。

あなたはどんなことで揉めていますか?

当事務所では、さまざまな相続トラブルの相談をお受けしています。以下に示すものは、典型的なトラブル例です。

  • 相続人の中に特別の利益(特別受益)を受けた者がいるので、法定相続分だけでは不公平
  • 生前はほかの親族が優遇されていたのに、法定相続分しかもらえないのは不公平
  • 生前、面倒を見てあげていたのに法定相続分しかもらえないのは報われない(寄与分)
  • 遺言書の内容が気に入らない

北薗法律事務所でできる揉めた相続の対応

相続で揉めた場合は、早い段階でご相談ください。
相続トラブルは時間が経過するほど亀裂が深まり、修復が困難になり、長期化する傾向にあります。
まずは、無料の法律相談をご利用ください。

お聞きする内容

  • 被相続人は生存されているのか、死亡後か
  • 相談者は相続人か、被相続人か
  • 分割方法で揉めているのか、借金で揉めているのか
  • 遺言のことで揉めているのか

当事務所は、多くの相続トラブルの案件を受任し、解決に導いてきました。その経験から、依頼者様の主張がどこまで認められるか、どこまで強く主張しても大丈夫か、引くべきタイミングなど、交渉の「落としどころ」を熟知しています。

このような経験の裏打ちから、当事務所では、依頼者様の利益を最大限お守りすることをお約束します。

相談することで何が変わるのか

相続トラブルは親族同士が「争族」となって争うことなので、心身ともに激しく消耗します。また、トラブルが解決しないうちは、常に不安感に支配されます。

弁護士に相談することで、具体的な問題解決の方法がわかります。精神的な負担が少なくなり、不安からも解放されます。

また、弁護士が代理人になることで、交渉の負担も解消もされるので、精神的・時間的な余裕にもつながります。