弁護士に依頼するメリット

相続の際にほかの士業や金融機関ができること(税理士・司法書士・信託銀行等)に限りがあること

税理士や司法書士など弁護士以外の士業でも、相続の手続きはできます。
しかしそれは、相続でトラブルが起きなかった場合に限られます。トラブルが起きてしまった場合、税理士や司法書士などの士業は、「逃げ出す」ことしかできません。
また、弁護士以外の士業は、依頼された仕事を粛々とこなすことしかできません。弁護士のように「このままではトラブルになる」という相続の危機管理能力はありません。
揉めてしまった場合、弁護士に依頼するしか方法はありません。そうなれば、それまでの時間と費用が無駄になってしまいます。

弁護士ができること

相続で親族間が揉めてしまった場合、その仲介や解決に当たるのは、弁護士にしかできない業務です。
相続はお金の絡むことです。「うちの家族は大丈夫」と思っていても、相続人のご家族にけしかけられたりすることもあります。ふとしたキッカケで揉めるケースは非常に多いものです。
また、当事務所は、相続のトラブルを実に多く見てきました。その経験から、事前に「このままでいくと揉める」という予見から、揉めないためのアドバイスも可能です。

争いになる前から弁護士になぜ依頼するのか

相続で揉めるかどうかは、誰にもわからないものです。もし揉めることになった場合、税理士や行政書士はその解決に当たることはできません。解決できるのは、弁護士だけです。

しかも、弁護士はその豊富な経験から、トラブルが起こる前から「この案件には揉める火種がある」と、事前に察知できます。揉めないためにどうすればいいか。そのための的確なアドバイスを差し上げることができます。
以上の理由から、争いになる前から弁護士に依頼した方がいいのです。

北薗法律事務所の特徴

当事務所では、相続関連の経験が豊富で、あらゆるケースに対応できます。
仕事が迅速!そして丁寧。
また、税理士、司法書士、不動産鑑定士など隣接士業との太いパイプがあり、場合によってはチームプレーで解決します。
当事務所は、隣接士業からも相続の相談を受ける「プロが認めるプロ」なのです。